モバイルデータ通信会社の大きな二つの違い

Posted by 2009-12-24「モバイルデータ通信会社」カテゴリ一覧 , No Comments2009-12-24

モバイルデータ通信会社には二種類の会社があります、ひとつは自社通信網を持つMNO、移動体通信事業者と呼ばれます。
MNOは自社通信網を持つのでサービス対応などが早く出来ます。
もうひとつはMNOから通信網を借りて営業をしているMVNO、仮想移動体通信サービスと呼ばれるものです。
MVNOは自社では通信網を持っていませんがサービスなどが充実していて、料金や初期費用もMNOに比べて安く設定されているようです。

モバイルデータ通信会社の大きな違いは上に書いたMNOとMVNOの二つですが、それぞれに数社ごとの通信会社があります。
これらは会社ごとに通信エリアの範囲が違ったり、料金体系の違い、通信速度の違いがあるようです。
なおMNOとはmobile network opelator でMVNOとはmobile virtual network opelatorの略です。
MNOとMVNOが競争関係になることで市場が活発になることが期待されます。

またテレビのように新規放送局の参入不可能なような事実上の独占状態にならないようにMNOに対しての指示がされています。
MNOがMVNOに通信移動設備を貸し出すことです。
MNOは自社の通信網を持つことができる代わりに、MVNOへ通信網を貸し出すことを拒否できないのです、これによって独自の通信網を持たないMVNOが容易に新規参入できるようになります。
これによってモバイルデータ通信会社の品質は向上し、価格も下がることが期待できます。

Digg reddit StumbleUpon Technorati Delicious

No Responses to “モバイルデータ通信会社の大きな二つの違い”

Name:
Email:
Website:
Comment:
Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans