裏側矯正歯科選びをする前に知って置いた方がよいこと

Posted by 2014-10-01「裏側矯正歯科」カテゴリ一覧 , No Comments2014-10-01

矯正治療を始める時“良い装置で治療してください”と話す方が多い。
しかし、良い矯正装置が別々にあるのではない。
矯正装置は歯を動かすために付着する一つの手段であるだけなので材料だけ見て特定矯正装置がより良くて悪くて言うことは難しい。
矯正装置の種類が治療結果に影響を及ぼすのではないとの意だ。
矯正治療の効果は医師が患者の状態をどれくらい正確に把握して適切な計画をたてるか、患者が歯磨きをどれくらい几帳面に上手かにより変わる。
矯正装置は必要に応じて入れて取り除くことができる形態の仮綴じ式と歯に付着する固定式二つに分かれる。
仮綴じ式は患者が自ら装着と除去ができるので良い治療結果を得るためには患者の協力が絶対的に必要だ。
それぞれの歯配列を最大限そろっているようにさせるのが目的というよりは歯の幅調節、上下熾烈の関係以上などを改善する目的で使う場合が多い。
主に子供や青少年期患者で簡単な歯移動や骨格の成長調節治療などに使う。
透明矯正装置は薄くて透明なプラスチックで作られていて他の人が歯牙矯正をするかもしれない場合が多いが歯移動に限界がある。
補正装置は維持装置ともいうが、移動した席で歯が適応する期間の間着用する。
固定式矯正装置は着用と除去を思いのままにできない装置だ。
製造会社、材料、付着部位により色々なものがあるが装置の種類によって治療の質が変わらない。
矯正は医師の熟練度によりとても細かい歯移動が可能だ。
固定式装置には金属、セラミック、裏側矯正、表側矯正がある。
金属矯正装置は精密度と効率性メンで最も優秀で費用も安い。
ただし、外部で露出がたくさんなる美観上短所がある。
セラミック矯正装置は歯に付着する矯正装置の金属の部分をセラミック材質に変えて審美性を高める長所がある。
金属矯正装置が歯にさらに丈夫に付着すると知っている患者が多いが、矯正装置の接着力はセラミック矯正装置がさらに高い。
金属は接着剤と物理的な結合だけだが、セラミックは接着剤と物理的な結合だけでなく化学的な結合までするためだ。
しかし矯正装置の接着力が高いと無条件良いのではない。
一定期間が過ぎた後装置を除去する時装置除去が難しくて、装置除去時に歯が波底をなるなどの副作用があり得る。
最近ではこのような問題を改善して矯正装置が製作されていると接着力のために特定矯正装置を選択する必要はない。
裏側矯正装置は歯裏面に矯正装置を付着するので表面に現れない。
だが、舌に異物感があってかみにくくて、発音が変になるなどの問題がある。
費用も他の装置に比べて多く入る。
上下全部裏側矯正装置を付着するけれども、上の歯にだけ裏側矯正をして下歯はセラミック矯正をしたりもする。
これをコンビネーション矯正装置というが、費用負担と不便さを減らすことができる。
しかし、きちんとした歯科医の診断が必要なので一度相談してみることを進める。
最近都内の裏側矯正で話題になっているのがとよまき歯科というところだが、もちろん距離的な問題で通うのが困難な人もいるだろう。
だが、歯科選びは矯正を行う上で最も重要だと言っても過言ではないのでしっかりと調べ、自分に合った歯科医を選ぶことが矯正を成功させる秘訣だ。
http://toyo-ddc.com/

Digg reddit StumbleUpon Technorati Delicious

No Responses to “裏側矯正歯科選びをする前に知って置いた方がよいこと”

Name:
Email:
Website:
Comment:
Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans