病気につながる犬の体重管理は動物病院でサポート

Posted by 2016-09-11「動物病院」カテゴリ一覧 , No Comments2016-09-11

【痩せてきたら】

犬が痩せてきても、毛があるために肉眼で確認するには困難が伴います. この時、有用なのは、やはり触って確認することです。
特にわき腹、背骨と肋骨の感触を確認してください。
もし骨の感触が感じられたら、痩せています。
この場合には、まず食事の量を確認してください。
飼い主が「肥満」を恐れて食事を少なく与えている可能性があります。
一度食事量を増やして様子をみてください。
その後、体重の変化が感じられな場合は病気の疑いがあります。
痩せてくるというのは、腎臓関連疾患、蛋白漏出性腸炎、腫瘍等のあまりにも多くの病気の兆候でもあるので、早めに動物病院で診察を受ける必要があります。
動物病院も沢山あり選ぶのが難しいとおもいます。 近所のかかりつけの動物病院以外にも、気になる症状が出た時に診てもらえる病院を知っておくと安心でしょう。 私が知っている朝霞台にある動物病院は専門医が来ていたりと安心して相談できるでしょう。 和光市などにお住まいの方にはオススメの動物病院です。

【肥満】

肥満は人間にとっても動物にとっても万病のもとです。
これ一般的な常識です。
肥満は犬に関節炎や糖尿病症、心不全、肝機能の低下、皮膚病などの数多くの病気を誘発します. そのため、どのような手を使っても、肥満を防ぐようにします。
言葉でいうのは簡単ですが、犬の肥満を予防するのはとても難しいことです。
犬は習性的に目の前に餌があると、食べようとする習性があり、飼い主はつい、可愛さのあまりスナックなどのおやつを与えてしまいます。

問題は、犬たちの肥満かどうかを確認するのが容易ではないという事です. また、毛があるために肉がどのようについているかを確認するのが難しく、確認してもどの程度が肥満であるかを把握するのがむずかしいです。

そこで最善の策は、動物病院で体重を測定し、年齢と品種に応じた平均体重を元に肥満チェックをしたり獣医さんに相談するのがよいでしょう。
しかし病院に行くのが難しい場合は、肋骨を触って確認するのも一つの方法です。
肋骨が見えても、触れて感触を感じなければ、これは肥満です。
目には見えないが、触れて感触を感るなら適正体重です。
.

最後に、肥満は100%の飼い主の責任です。
肥満という診断がくだれば、お散歩を増やしたり、食事量を調整するなどどんな手を使ってでも正規体重にする努力が必要です。
それが本当に犬のための道です。

Digg reddit StumbleUpon Technorati Delicious

No Responses to “病気につながる犬の体重管理は動物病院でサポート”

Name:
Email:
Website:
Comment:
Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans